イエウール

購入者の9割が内覧で決める!好印象を与える内覧準備のポイント

家を売りに出したのに、なかなか売れない。
そんな人は、もしかすると「内覧」でチャンスを逃しているのかもしれません。

家を購入するのは、普通の買い物とは違い多額のお金が動く一大事です。
そんな大金を支払って購入するのに、内覧をしないという人はいないでしょう。

見学者に「買いたい!」と思わせるためには、内覧で以下に好印象を与えられるかがカギとなります。

そこで今回は、見学者に好印象を与える内覧のポイントについて解説していきます。

第一印象が大事!掃除は徹底的に行うべし

内覧時は、購入者に物件の良い所を全てアピールする必要があります。
物件の周辺や間取りなどは変えられませんが、売主にできる範囲内のことはしておきましょう。

売主にできることと言えば「掃除」です。

せっかく見学者に立地や間取りを気に入ってもらえたのに、掃除が行き届いておらず、購入する気が失せてしまった、ということも良くある話ですので、キレイに掃除しておくことは何より大切なのです。

掃除しておくべき箇所と掃除方法

では、実際に内覧に向けて掃除を始める際、特に重点的にキレイにしておくと良い箇所をお伝えします。

水回り

キッチンやトイレ、お風呂場などは、生活感が出やすく、他人にとっては汚れが目立ちやすい箇所です。

以下の箇所を重点的に掃除しておきましょう。

  • キッチンの流し
  • コンロ
  • 換気扇
  • トイレの便器や床の汚れ
  • トイレのニオイ
  • お風呂の水垢やカビ

おすすめの掃除方法

水回りの頑固な汚れを落とすには、以下の方法で汚れを落とすと効果的です。

  • キッチンの油汚れ➡重曹やセスキ
  • お風呂のカビ➡カビ取り剤
  • トイレ➡セスキやトイレ専用洗剤

いやなニオイがある場合には、排水管を掃除してから換気をし、芳香剤を置いておくのが効果的です。

部屋の掃除

お部屋の掃除で特に気を付けたい箇所は、

  • フローリング
  • 玄関
  • クロス
  • ベランダ

見学者がまず始めに目に入るところと言えば、「玄関」です。
部屋の印象を決める大切な場所ですので、床や靴箱が汚れていないかしっかり掃除しておきましょう。

また、フローリングとクロスは、できる範囲内で拭き掃除をしておくことが大切です。
万が一、破損や凹みがある場合は、修理は買主側に依頼するのがベストです。

先に自分で張り替えてしまっても、デザインが買主に合わず、リフォームを無意味になってしまうかもしれないからです。

また、ベランダは掃除をし忘れることが多い箇所です。
水撒きやほうきと塵取りで掃除しておきましょう。

内覧時に気を付けること

内覧時には、掃除や整理整頓をしておくだけでなく、お部屋の明るさや風通しの良さなどもチェックされます。

そのため、カーテンを開けたり、電気を付けたりして部屋を明るく見せるようにしましょう。内覧時にまだ住んでいる場合でも、不要なものは処分し、生活感が無いように見せるのもポイントです。

内覧者と適度な会話をすることも重要

内覧時には、不動産会社の人でも分からない質問をされる場合があります。

例えば、

  • ご近所さんの雰囲気
  • 周辺の施設
  • 学校の場所

など、地域の情報やお子様を持つ家庭には、周辺の雰囲気や学校の情報などを提供してあげることもポイントです。

買主にとってはとても重要な情報ですので、正直に伝えてあげましょう。
不動産担当者が付いているからといって、他人行儀にならないことが大切です。

売主の服装や対応にも気を付けよう

内覧時の注意点は、部屋の掃除や印象だけを気にしていれば良いという訳ではありません。

大金をかけて大事な住まいを購入するのですから、「売主が信頼できるかどうか」という点も内覧者はチェックしています。

そのため、売主の対応や服装にも注意しましょう。

過剰なセールスは逆効果になってしまいますが、住んでいて便利なところや気に入っているところ、デメリットなども隠さずに伝えてあげることで、売主の信頼が高まり、好印象となるでしょう。

また、服装については清潔感のある落ち着いたものを選び、お子様やペットがいる場合は、できる限り世帯主か配偶者のどちらか1人で対応するのが望ましいと言えます。

見学者の心を掴むためにも、内覧準備から手を抜かず、失礼のないように対応することが大切です。

内覧時に良いプレゼンができれば、きっと見学者の購買意欲も高まることでしょう。