イエウール

家を売ったら手元にいくら残る?売却にかかる費用を計算しよう!

家を売るとき、売却価格がどれくらいになるか、売主にとって最も気になることでしょう。

売却価格を新居購入に充て、残っている住宅ローンを返済したりなど、様々なケースがあると思いますが、売却価格がすべて手取りになるわけではありません。

マンションや戸建て、土地などを売却する際には、様々な諸費用がかかってしまうのです。

ここでは、不動産を売却した際にかかる諸費用について解説していきます。

手取り金額=売却価格から諸費用を引いた金額

不動産の売却では、手数料や税金などの様々な諸費用がかかります。

実際に手元に残るお金は、売却価格から諸費用を差し引いた額となりますので、売却活動に入るまえに計算しておきましょう。

では、売却にかかる諸費用とは一体どんなものがあるのでしょうか?
主な諸費用は以下のようなものを指します。

  • 仲介手数料
  • 登記費用
  • 税金
  • その他

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仲介手数料

不動産売却には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。
売却が成功した際に、成功報酬として支払うのが「仲介手数料」です。

仲介手数料は、法律で上限額が定められているので、むやみに高い金額を取られる心配はありませんが、上限内であれば不動産会社が自由に定めることができます。

稀に、半額や無料といったサービスを売りにしている不動産業者もありますが、売買の場合は「上限額いっぱいに設定」するのが一般的のようです。

仲介手数料の料率

  • 200万円以下部分:5%
  • 200万円超400万円以下の部分:4%
  • 400万円超の部分:3%

つまり、売却価格が2,000万円の場合は、

200万円×5%=10万円
200万円×4%=8万円
1,600万円かける3%=48万円

合計 66万円+税

となります。

仲介手数料の速算式

売却価格が400万円超の場合は、以下の速算式で簡単に仲介手数料の上限を求めることができます。

「仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)+消費税」

登記費用

以下の条件に当てはまる場合、登録免許税がかかります。

  • 登記していなかった場合
  • 登記簿上の住所と現住所が違う場合
  • 結婚等で登記簿上の名字と違う場合
  • 相続等で登記簿上の所有者と名義が違う場合
  • 権利証を紛失した場合
  • 抵当権の抹消登記が必要な場合

なお、これらの手続きを行う際、司法書士に依頼するのが一般的ですが、税金とは別に司法書士への報酬がかかります。税金に加えて2~5万円の報酬を支払うのが相場と言われています。

税金

不動産売却にかかる税金のひとつとして、消費税以外には、「印紙税」「所得税/住民税」があります。

印紙税

不動産の売買契約書には、以下の金額の印紙を貼付することで印紙税を支払います。

  • 100万円超~500万円以下:印紙代1,000円
  • 1,000万円以下:印紙代5,000円
  • 5,000万円以下:印紙代10,000円
  • 1億円以下:印紙代30,000円
  • 5億円以下:印紙代60,000円

所得税/住民税

売却した価格が、買ったときの価格よりも高くなり利益が出た場合には、「譲渡所得税」を支払います。

購入時の代金から売却価格を差し引いた利益分を「譲渡所得」と言い、その利益に対して所得税と住民税がかかるという訳です。

なお、売却して損失が出る場合は、所得税や住民税を支払う必要はありません。

その他

上記以外にかかる諸費用としては、以下のような費用が挙げられます。

印鑑証明書

印鑑証明書などの、証明書を取得する際には数百円の費用がかかります。
それほど高くないので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

測量費用

土地や戸建てを売却する際には、所有地を明確に把握するための「測量」が求められるケースがほとんどです。

数十万円単位の費用がかかるだけでなく、期間もかかってしまうため、売却が決まった段階で早めに測量を行っておく方が良いでしょう。

引っ越し費用等

売却後は、新居へ引越しをするか、仮住まいに住むことになりますが、忘れがちなのがこの引越し費用です。

仮住まいする場合はその分の家賃や初期費用もかかってくるので、事前に計画を立てておくことが大切です。

まとめ

不動産を売却した後に残るお金は、今回ご紹介した諸費用を引いた残額となります。
また、上記以外にも、売却前にハウスクリーニングやリフォームをする場合には、さらに費用がかかってきます。

売却を始める前には「いくらで売れば手元にどれだけ残る」という計算を事前にしておきましょう。不動産会社の人へ、「○○円までで絶対に売りたい」ということを伝えておくのも良いかもしれません。