イエウール

いくらで売れる?売却相場を自分で調べる方法とは

不動を売却する際には、不動産仲介業者に査定を依頼し、売り出し価格を設定するという流れになります。

売主としてはできるだけ高く売却したいのが本音ですが、「査定額=売却価格」ではないため、まずは自分でどれくらいの価格で売れるのか、相場を調べておきたいという人も多いでしょう。

では、不動産の売却価格相場はどのように調べたら良いのでしょうか?
売り出し価格の設定や、不動産会社との交渉にも参考となる、取引価格の調べ方についてご紹介します。

実際に成約した類似物件を参考にしよう

不動産取引の相場では、以下のように様々な指標があります。

  • 築年数や面積についての売却相場
  • 都道府県ごとの不動産相場
  • 周辺地域の類似物件についての売却相場
  • 不動産会社のデータ

物件の売却相場を調べるためには、これらの要素を考えることとなりますが、この中で最も参考になると言えるのは「周辺地域の類似物件についての売却相場」です。

築年数や都道府県などの相場よりも、実際に周辺地域で同じような物件が取引された情報のほうが、相場を理解する上で重要なのです。

初心者が売却相場を調べる3つの方法

不動産の売却相場を把握するためには、実際に周辺地域の類似物件で、どれくらの価格で成約されたのかを調べるのが、一番手っ取り早く、確かな方法とお伝えしました。

その方法とは、以下の3つ。

  • レインズマーケットインフォメーションを利用する
  • ポータルサイト内の売却物件をチェックする
  • 国土交通省が調査した情報を参考にする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

レインズ・マーケット・インフォメーション

物件の特定はできませんが、マンションや戸建て別に、地域を指定した過去の売買成立価格を確認することができるサイトです。

売却価格と共に、土地面積や建物面積、間取り、築年数、売却時期なども確認できるため、とても精度の高い不動産価格情報が確認できるのが特徴。

また、情報は、国土交通大臣が指定した全国の不動産流通機構4団体で構成する、全国指定流通機構連絡協会が保有している、実際の売買取引価格ですので、信頼度も高くなっています。

地図上から簡単に検索できるので、不動産査定を行う前に一度利用してみることをおすすめします。

ポータルサイト内の売却物件をチェックする

不動産ポータルサイト内では、現在売り出し中の物件情報が掲載されています。
そのため、以下の条件で自分の物件と似たような物件を探すのも方法のひとつです。

  • 最寄駅
  • 最寄駅からの距離
  • 広さ
  • 間取り
  • 築年数

条件がほとんど同じであれば、その地域での売り出し価格相場が把握できるという訳です。

しかし、条件がほぼ同じであれば問題ありませんが、広さや間取り、築年数などが違うといった場合もあることでしょう。

その場合は、平米単価や坪単価を算出するという方法もあります。
これは物件単価をその広さで割った金額のことで、「1坪≒3.3平米」を指します。

計算方法は以下となります。

  • 売りたいマンションの専有面積:60平米
  • サイト内の類似物件:90平米を4500万円で売り出し中

サイト内の平米単価➡4500万円÷90平米=50万円
売りたいマンションの相場➡50万円×60平米=3000万円

「掲載価格=成約価格」ではないことに注意

不動産ポータルサイトを参考にする上で注意したいのは、売り出し中の物件情報はあくまで売り出し価格であり、成約価格ではないということです。

物件価格が相場より高く設定されている物件や、長期に渡って販売活動をしている物件などが混在しているケースもありますので、「必ずこの価格で売れる」と思わないように理解しておきましょう。

国土交通省が調査した情報を参考にする

国土交通省が不動産購入者に対して行ったアンケート調査に基づいて、実際に取引された不動産売買情報を掲載している「土地総合システム」というサイトがあります。

物件の特定はできないのですが、該当地域を指定することで、土地面積、土地坪単価、建物延べ面積、構造、取引時期などの情報を確認することができるのが特徴。

レインズでは地域によってみられる情報にバラツキがあり、見たい物件がアバウトにしか絞り込めませんが、土地総合システムではより詳しい土地の情報を把握することには特化しています。

マンションや一戸建てよりも、土地売却に向いているツールだと言えるでしょう。

リノベ済み物件は相場が高い?

物件の売却相場を調べる上で外せないのは、チェックする物件が一般的な中古物件なのか、不動産業者がリノベーションして売り出しているのか、把握しておくことです。

一般的な中古物件に比べて、リノベ物件は物件の価値が高く、価格相場の高くなりやすい傾向にあります。

そのため、自分の不動産がいくらで売れるのが調べたいときには、リノベ物件ではなく、通常の中古物件と比較することが重要です。